1. TOP>
  2. 高齢者向けのスポーツスクール

高齢者向けのスポーツスクール

これまで高齢者のスポーツスクール参加人口は国内でもほとんどいない状態であると思われていた。高齢者向けのスポーツといえは、代表的なものでゲートボールなどが取り上げられているが、ここ数年で高齢者向けのスポーツスクールの参加人口増加が見られてきた。ゲートボール煮加え、競歩やマラソン、筋力的なバーベルあげなどの教室も加わってきた。

専属のトレーナーは介護士免許を取得しているものも多く、安心して参加が出来ると、参加人口の増加が見られてきている。参加するにあたり、ひとりでの参加はなかなか取りかかりでなかなか踏み出せないといった声もあったが、まず先行して取り組まれた、老人、介護ホームとの提携開催が話題を呼び、参加が大きく増えることとなる。

それを受け、一人暮らしや通常在宅の高齢者も参加しやすい状態が作られているのも特徴的である。孤独死などが不安とされる時代ではあるが、こうした取り組みで健康的になる方も多く、今後もこうしたスクールは大きく発展していくであろう。

また、最近では新しい取り組みも見られ、高齢者のスポーツに適さないであろうサッカーなども、形をかえフットサルとして取り組まれるスクールもあり、日本国内だけでなく世界的にも高齢者のスポーツ人口は増加傾向になっていくと考えられる。こうした取り組みから、シニア向けの世界大会、ワールドカップなどもかいさいされていくのではないかと考える。